gauge
区分
JVN番号
タイトル
JVN
深刻度
最終更新日
CVE番号
New
JVNDB-2005-000588

Microsoft Windows COM+ のメモリ構造の内部処理における任意のコードを実行される脆弱性

7.5
2007/04/01 00:00
CVE-2005-1978

JVNDB-2005-000588

Microsoft Windows COM+ のメモリ構造の内部処理における任意のコードを実行される脆弱性
概要
Microsoft Windows が実装する COM+ は、内部のメモリ構造を作成し、使用する過程における処理が不適切である脆弱性が存在します。
想定される影響と対策
Local System 権限で任意のコードが実行される可能性があります。
JVNDB-2005-000588は、ベンダより正式な対策が公開されています。ベンダ情報を参照して適切な対策を実施してください。
JVN情報 ※( )内はCVSS v3の値
深刻度7.5N/A
CVECVE-2005-1978
公表日2005/10/11 00:00
登録日2007/04/01 00:00
更新日2007/04/01 00:00
CVSS v2情報
全ての情報を閲覧するにはユーザー登録(無料)またはログインが必要です。