gauge
区分
JVN番号
タイトル
JVN
深刻度
最終更新日
CVE番号
New
JVNDB-2007-000158

Cisco PIX/ASA の不正な TCP パケット処理によるサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性

7.8
2007/04/01 00:00
CVE-2007-0959

JVNDB-2007-000158

Cisco PIX/ASA の不正な TCP パケット処理によるサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性
概要
Cisco PIX 500 シリーズおよび Cisco ASA 5500 シリーズ セキュリティアプライアンスには、"inspect ftp" あるいは "inspect http" などの特定の TCP ベース プロトコルの検査機能が有効な場合、不正な TCP パケットを処理することでデバイスが再起動を引き起こす脆弱性が存在します。 シスコシステムズの情報によると、TCP ベース プロトコルの検査機能はデフォルトで有効化されています。
想定される影響と対策
第三者が細工した TCP パケットを処理することで、デバイスがサービス運用妨害 (DoS) 状態となる可能性があります。
JVNDB-2007-000158は、ベンダより正式な対策が公開されています。ベンダ情報を参照して適切な対策を実施してください。
JVN情報 ※( )内はCVSS v3の値
深刻度7.8N/A
CVECVE-2007-0959
公表日2007/02/13 00:00
登録日2007/04/01 00:00
更新日2007/04/01 00:00
CVSS v2情報
全ての情報を閲覧するにはユーザー登録(無料)またはログインが必要です。