gauge
区分
JVN番号
タイトル
JVN
深刻度
最終更新日
CVE番号
New
JVNDB-2013-003943

Cisco UCS のファブリックインターコネクトデバイス上で稼働する CLI コンポーネントにおけるサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性

4.6
2013/09/02 14:59
CVE-2013-3467

JVNDB-2013-003943

Cisco UCS のファブリックインターコネクトデバイス上で稼働する CLI コンポーネントにおけるサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性
概要
Cisco Unified Computing System (UCS) のファブリックインターコネクトデバイス上で稼働する CLI コンポーネントには、メモリリークにより、SPAN セッションが不足する特定の状況において、サービス運用妨害 (メモリ消費およびデバイスリセット) 状態にされる脆弱性が存在します。 ベンダは、本脆弱性を Bug ID CSCug20103 として公開しています。
想定される影響と対策
ローカルユーザにより、(1) "show monitor session all" または (2) "show monitor session" コマンドを介して、サービス運用妨害 (メモリ消費およびデバイスリセット) 状態にされる可能性があります。
JVNDB-2013-003943は、ベンダより正式な対策が公開されています。ベンダ情報を参照して適切な対策を実施してください。
JVN情報 ※( )内はCVSS v3の値
深刻度4.6N/A
CVECVE-2013-3467
公表日2013/08/29 00:00
登録日2013/09/02 14:59
更新日2013/09/02 14:59
CVSS v2情報
全ての情報を閲覧するにはユーザー登録(無料)またはログインが必要です。