vs gauge
区分
JVN番号
タイトル
JVN
深刻度
最終更新日
CVE番号
New
JVNDB-2013-001496

Microsoft Internet Explorer 9 における任意のコードを実行される脆弱性

N/A
2013/02/14 16:53
CVE-2013-0020
JVNDB-2013-001496
Microsoft Internet Explorer 9 における任意のコードを実行される脆弱性
概要
Microsoft Internet Explorer 9 には、解放済みメモリの使用 (Use-after-free) により、任意のコードを実行される脆弱性が存在します。

マイクロソフトセキュリティ情報には、この脆弱性は「Internet Explorer CMarkup の解放後使用の脆弱性」と記載されています。
想定される影響と対策
第三者により、削除されたオブジェクトへのアクセスを誘発する巧妙に細工された Web サイトを介して、任意のコードを実行される可能性があります。
ベンダより正式な対策が公開されています。ベンダ情報を参照して適切な対策を実施してください。
JVN情報 ※( )内はCVSS v2の値
深刻度 N/A 9.3
CVECVE-2013-0020
公表日2013/02/12 00:00
登録日2013/02/14 16:53
更新日2013/02/14 16:53
CVSS v3情報
全ての情報を閲覧するにはユーザー登録(無料)またはログインが必要です。