gauge
区分
JVN番号
タイトル
JVN
深刻度
最終更新日
CVE番号
New
JVNDB-2005-000018

GNU Mailman のパスワードの自動生成機能における弱い暗号化アルゴリズムの脆弱性

7.5
2007/04/01 00:00
CVE-2004-1143

JVNDB-2005-000018

GNU Mailman のパスワードの自動生成機能における弱い暗号化アルゴリズムの脆弱性
概要
------------ 本脆弱性情報は、同時期に公開された複数の脆弱性について、まとめて解説したものです。タイトル以外の他の脆弱性情報の内容が含まれていますので予めご了承ください。 ------------ GNU Mailman は、電子メールのメーリングリストを管理するためのソフトウェアです。Mailman の driver スクリプト (scripts/driver) は、エラーを検出し、それに対する有用な情報をレポートする機能を提供します。 Mailman 2.1.5 以前には、以下の複数のセキュリティ上の問題が存在します。 ・パスワードの自動生成機能で弱い暗号化アルゴリズムを使用しているため、約 500 万通りの異なるパスワードしか生成しない問題 (CAN-2004-1143) ・driver スクリプトによる最適化処理が不適切であるため、クロスサイトスクリプティング攻撃が可能である問題 (CAN-2004-1177) これらの問題を利用するリモートの攻撃者は、ブルートフォース (総当り) 攻撃や、Web ページもしくは電子メールを介して意図的に作成した URL に標的ユーザを誘導することにより、認証情報などの重要な情報を奪取できる可能性があります。
想定される影響と対策
本脆弱性に伴う影響については、「概要」をご参照ください。
JVNDB-2005-000018は、ベンダより正式な対策が公開されています。ベンダ情報を参照して適切な対策を実施してください。
JVN情報 ※( )内はCVSS v3の値
深刻度7.5N/A
CVECVE-2004-1143
公表日2005/01/11 00:00
登録日2007/04/01 00:00
更新日2007/04/01 00:00
CVSS v2情報
全ての情報を閲覧するにはユーザー登録(無料)またはログインが必要です。