vs gauge
区分
JVN番号
タイトル
JVN
深刻度
最終更新日
CVE番号
New
JVNDB-2022-002641

OpenSSL におけるバッファオーバーフローの脆弱性

7.5
2022/11/04 14:08
CVE-2022-3786
JVNDB-2022-002641
OpenSSL におけるバッファオーバーフローの脆弱性
概要
OpenSSL には、X.509証明書の検証を行う際、バッファオーバーフローの脆弱性が存在します。
想定される影響と対策
攻撃者により、証明書内に悪意のある電子メールアドレスを作成されることで、サービス運用妨害 (クラッシュ) 状態にされる可能性があります。
ベンダより正式な対策が公開されています。ベンダ情報を参照して適切な対策を実施してください。
JVN情報 ※( )内はCVSS v2の値
深刻度 7.5
CVECVE-2022-3786
公表日2022/11/01 00:00
登録日2022/11/04 14:08
更新日2022/11/04 14:08
CVSS v3情報
全ての情報を閲覧するにはユーザー登録(無料)またはログインが必要です。
Update
JVNDB-2022-002641

OpenSSL におけるバッファオーバーフローの脆弱性

7.5
2022/12/19 16:19
CVE-2022-3786
JVNDB-2022-002641
OpenSSL におけるバッファオーバーフローの脆弱性
概要
OpenSSL には、X.509証明書の検証を行う際、バッファオーバーフローの脆弱性が存在します。
想定される影響と対策
攻撃者により、証明書内に悪意のある電子メールアドレスを作成されることで、サービス運用妨害 (クラッシュ) 状態にされる可能性があります。
ベンダより正式な対策が公開されています。ベンダ情報を参照して適切な対策を実施してください。
JVN情報 ※( )内はCVSS v2の値
深刻度 7.5
CVECVE-2022-3786
公表日2022/11/01 00:00
登録日2022/11/04 14:08
更新日2022/12/19 16:19
CVSS v3情報
全ての情報を閲覧するにはユーザー登録(無料)またはログインが必要です。
Update
JVNDB-2022-002641

OpenSSL におけるバッファオーバーフローの脆弱性

7.5
2023/01/10 15:37
CVE-2022-3786
JVNDB-2022-002641
OpenSSL におけるバッファオーバーフローの脆弱性
概要
OpenSSL には、X.509証明書の検証を行う際、バッファオーバーフローの脆弱性が存在します。
想定される影響と対策
攻撃者により、証明書内に悪意のある電子メールアドレスを作成されることで、サービス運用妨害 (クラッシュ) 状態にされる可能性があります。
ベンダより正式な対策が公開されています。ベンダ情報を参照して適切な対策を実施してください。
JVN情報 ※( )内はCVSS v2の値
深刻度 7.5
CVECVE-2022-3786
公表日2022/11/01 00:00
登録日2022/11/04 14:08
更新日2023/01/10 15:37
CVSS v3情報
全ての情報を閲覧するにはユーザー登録(無料)またはログインが必要です。
Update
JVNDB-2022-002641

OpenSSL におけるバッファオーバーフローの脆弱性

7.5
2023/01/23 11:29
CVE-2022-3786
JVNDB-2022-002641
OpenSSL におけるバッファオーバーフローの脆弱性
概要
OpenSSL には、X.509証明書の検証を行う際、バッファオーバーフローの脆弱性が存在します。
想定される影響と対策
攻撃者により、証明書内に悪意のある電子メールアドレスを作成されることで、サービス運用妨害 (クラッシュ) 状態にされる可能性があります。
ベンダより正式な対策が公開されています。ベンダ情報を参照して適切な対策を実施してください。
JVN情報 ※( )内はCVSS v2の値
深刻度 7.5
CVECVE-2022-3786
公表日2022/11/01 00:00
登録日2022/11/04 14:08
更新日2023/01/23 11:29
CVSS v3情報
全ての情報を閲覧するにはユーザー登録(無料)またはログインが必要です。